黒い文字の艶がきれいな和風木製看板 金箔の文字が光っている和風彫刻看板 赤福の看板 木製彫刻看板 刻字 相撲部屋の看板 古い酒屋さんの昔の看板 テレビ取材中
伝統の技術を引き継ぐ和風看板専門店。三代に渡って木製看板を作り続ける職人の想い

 

和風文化の看板

 

看板制作の分野で

和風文化を引き継ぎ伝える

 
和風の「和」には日本という意味の他に「おだやか」「やわらぐ」といった意味でも使われます。
中国の影響を表す「唐風」西洋からの影響を表す「洋風」と比べると日本の伝統を感じる物を「和風」と呼びます。
 
そんな日本の伝統的な穏やかな和風文化の中で「木製看板」や「扁額」を作り続け今後に伝承していくのが栗田看板舗です。
和食や和菓子、日本茶、着物、茶道、華道、武道、能、狂言、歌舞伎、日本舞踊などの「和」の顔になり信用になり告知になる「看板」「扁額」を伝統の様式を踏まえ、お客様のご要望にお応え致します。
 
和風看板専門店の栗田看板舗のこだわり、実績をご覧下さい。
 
 

● 栗田看板舗が伝えたいこと


選ばれる理由・
他社との違い

1.伝統と実績 

明治44年年創業から親子三代で受け継いだ技術と多くの有名店の制作実績・・ほか
 

2.和風看板専門店としてのこだわり 

木の看板へのこだわり、原材料・技術へのこだわり、耐久性へのこだわり・・ほか
 

3.現場施工、アフターサービス、コストパフォーマンス 

離れた場所の取付施工まで引き受けられる・・ほか

ポリシー +
嬉しいと思うこと

1.ポリシー 

栗田看板舗でしか出来ないような仕事をする。
価値のある看板を作る・・ほか
 

2.嬉しいと思うこと 

お客様の為になる仕事ができること
出来上がった看板を見たお客様がとにかく喜んで頂けること・・ほか

お客様は
こんな方が多い

1.老舗のお店

江戸時代から続く和菓子店を始め多くの老舗有名店
 

2.和風のお店

和菓子、和食、寿司、日本酒蔵元、しょう油醸造、料亭、旅館、海苔屋、お米屋、お茶屋、呉服店・・
 

3.・・ほか

● 木製、木彫看板の制作


● 木製、木彫り看板の実績


● 茶室扁額の制作


茶室扁額とは

茶室扁額とは

制作までのながれ

茶室扁額の制作の流れ

板の種類、大きさ

茶室扁額の種類

文字の仕上げ、原稿

茶室扁額の文字の仕上げ

制作例

茶室扁額の制作例

価格

茶室扁額の価格

● 木製、木彫看板の修復メンテナンス


● ブログ・SNS


[%category%]

[%title%]

[%new:new%] [%article_date_notime_dot%]

 

 
(株)栗田看板舗
TEL.052-931-7886
〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2丁目1-20 

Copyright KuritaKanbanho Co., Ltd.
All Rights Reserved.

 

 
 
 (株)栗田看板舗/TEL.052-931-7886
〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2丁目1-20  
Copyright KuritaKanbanho  Co., Ltd.  . All Rights Reserved.