金箔、木彫り等伝統技法を使った木製看板、和風、老舗な看板を作りお店の価値を上げます。


明治44年から看板を作り続けています。和風のお店にあう看板。長年続く老舗にふさわしい看板。伝統を感じさせる看板。 彫刻を施した木の看板や浮き出した文字。金箔加工をした看板。銅板や緑青を用いたり、長年の経験でお客様に相応しい看板を製作いたします。

和風看板 スペーサー

和風看板 スペーサー

4つの約束

ご要望+α(プラスアルファ)


看板 修理前お客様はお店の大切な看板を作る際に良い看板を作りたいと思って業者に委託されます。お客様が10人いれば10通りの良い看板が、お店が10店あれば10個の良い看板があるはずです。
その中でも栗田看板舗はお客様のご要望以上の看板を作り上げます。お店の格を上げるような看板。お客様の目を引き思わずお店に入ってしまうような看板。どのような看板をお望みでしょうか?
お客様のご要望からスタートしてそれ以上の看板を私たち栗田看板舗に造らせてください。

看板 修理後お客様のご要望以上の看板を造るためには、まずはお客様のご要望をお聞きする所から始まります。図面がなくても結構です。言葉で教えてください。こんな看板が欲しいと。ご要望が多ければ多いほど、レベルが高ければ高いほど、それ以上の看板を造るわけですから、すばらしい看板が出来上がります。お店を見せて頂いたり、図面を見せて頂いたりして、お客様のお考えと栗田看板舗の経験とアイデアでご期待以上の結果を出します。



自社制作にこだわり


看板 銅板金栗田看板舗は、自社制作にこだわりを持っています。
お客様との打ち合わせは当然ですが、木を仕入れ、丸鋸で大きさに落とし、鉋をかけ、板を仕上げたら、次は文字を彫ります。一文字一文字気持ちを込めて手で彫ります。文字の仕上げも自社で行います。下地作りをしては磨き、塗っては磨き、上塗りまでします。もちろん、金箔を押すのも自社です。銅板を張っていくのも自社です。

看板 施工 取付なぜ、自社制作にこだわるのでしょう?
一番の理由は、人任せにするより自分たちでやった方が良い物が作れる自信があるからです。納得がいくまでそれぞれの行程で仕事が出来ます。弊社の作る看板は多くの行程があります。その一つでも手を抜いた事をしてしまうと後からでは取り戻せないから、自分の手で作りたいのです。



三代目の信頼と実績


看板 赤福 実績栗田看板舗は私、栗田浩司で3代目になります。
祖父の三弥が明治44年に名古屋で看板業を始めました。父の博治がそれを受け継ぎ、今は私がたすきを受け取って走っております。実際に祖父が造った看板の修理があると、うれしくてたまりません。50年、100年もつ看板を造ってくれた祖父に感謝するとともに、私も同じ職人として良い仕事をしたいと思います。幸い父も元気に仕事に取り組んでくれています。力を合わせてこれからも築き上げた信頼と実績を伸ばしていきます。

P1000212.JPG栗田看板舗には積み重ねられた経験と実績があります。
お客様にとって最高の看板を造るべく、その経験を元に今の時代に合わせた仕事の進め方、例えば、メールによるデータの受け渡し、写真を使ったシミュレーションなどを使ってお客様の利便性もはかっています。




お客様の利益


看板 サンプル テストなぜ、お客様は栗田看板舗に看板を発注して下さるのでしょうか?
そもそもお店になぜ看板が必要なのでしょうか?お店にとってのプラスになるから。プラスにするため。それを最大限に発揮するために数多くの看板店から栗田看板舗を選んで頂きたいのです。



看板 五十鈴茶屋その為に、お客様の側に立って物を考えます。
目先の利益や仕事に囚われることなく長期にわたってのお客様の利益を考えます。
それは看板が本来持つ長期性もありますが、お客様と長い間のお付き合い望んでいるからです。


製作実績 works list製作実績 works list

手彫り看板 表札 銘板
left_side_inquiry02.jpgleft_side_inquiry02.jpg
left_side_inquiry03.jpg
left_side_inquiry04.jpgleft_side_inquiry04.jpg
left_side_inquiry05.jpg


index.gif
 株式会社 栗田看板舗
 〒461-0001
 愛知県名古屋市東区泉2-1-20
 TEL: 052(931)7886
 FAX: 052(931)3902
 
 ●屋外広告業登録
  愛知県 (登-18) 第438号
  名古屋市 (登-18-0) 第255号
  三重県 第(06) 00415号
  岐阜県 第664号