金箔、木彫り等伝統技法を使った木製看板、和風、老舗な看板を作りお店の価値を上げます。


明治44年から看板を作り続けています。和風のお店にあう看板。長年続く老舗にふさわしい看板。伝統を感じさせる看板。 彫刻を施した木の看板や浮き出した文字。金箔加工をした看板。銅板や緑青を用いたり、長年の経験でお客様に相応しい看板を製作いたします。

和風看板 スペーサー

和風看板 スペーサー

arrow01.pngケヤキ板 布袋彫り

ケヤキの板にロゴのみ。シンプルですが知名度のあるお客様なのでこれで十分です。文字は布袋彫り。デパートの中の名店街なので他の和菓子店様と同じサイズでの製作。凝った看板も他にはありましたがこの二文字だけで十分だと思います。

【名古屋市中村区 松坂屋 名古屋駅店 赤福様】

赤福 デパート用看板

arrow01.png扁額 お茶室 和風看板

茶室扁額 ケヤキ材1枚板 布袋彫り 落款の一部に金箔 着色仕上げで製作。茶道では屋外に掲げる木製の額のことを「濡額」(ぬれがく)と言うそうです。ほかに関連した言葉では「揮毫」(きごう)は毛筆で書くこと。家元や高僧、著名人に書を書いてもらうこと。扁額とは離れますが「墨蹟」(ぼくせき)は毛筆で書かれた書跡のこと。禅宗の僧侶が書かれた書跡。書道、茶道の世界では常識かもしれませんが、一般にはなじみの薄い言葉でしょうか。

扁額

木製彫刻看板五十鈴の里様木製看板オーダーサロンタナカ様エイジングサイン名古屋市中区 デパート内和菓子店様
名古屋城高札名古屋城扁額暮らし十職 一級建築士事務所の前田伸治先生のご依頼

製作実績 works list製作実績 works list

手彫り看板 表札 銘板
left_side_inquiry02.jpgleft_side_inquiry02.jpg
left_side_inquiry03.jpg
left_side_inquiry04.jpgleft_side_inquiry04.jpg
left_side_inquiry05.jpg


index.gif
 株式会社 栗田看板舗
 〒461-0001
 愛知県名古屋市東区泉2-1-20
 TEL: 052(931)7886
 FAX: 052(931)3902
 
 ●屋外広告業登録
  愛知県 (登-18) 第438号
  名古屋市 (登-18-0) 第255号
  三重県 第(06) 00415号
  岐阜県 第664号