明治44年以降、彫刻を施した木の看板や浮き出した文字や金箔加工をした看板、銅板や緑青を用いた看板等、長年の経験でお客様に相応しい看板を製作いたします。

制作実績 works
制作費 Price
問い合わせ Inquiry
英 語 English

動画コンテンツ

創業以来100年余

和風看板・金箔看板

製作例スライドショー

製作例スライドショー

2012年 赤福本店様の修復過程ををスライドにまとめました。

<和風看板>金看板の製作過程ををスライドにまとめました。

受付時間:平日9:00−18:00

●メールでのお問合せはこちら kurita@kanbanho.com
業種別看板
制作実績

製作例スライドショー

製作例スライドショー

茶室扁額
看板補修
制作費

金箔看板の製作過程ををスライドにまとめました。

2015年に製作した一部をスライドにまとめました。

▶制作風景

製作例スライドショー

2014年に製作した一部をスライドにまとめました。

製作例スライドショー

2013年に製作した一部をスライドにまとめました。

▶制作道具

▶動画コンテンツ

▶メディア掲載

▶会社概要

テレビ放映

テレビ放映

平成25年1月6日 東海テレビ「東海仕事人列伝」に15分ほど、看板職人として取り上げていただきました。

赤福様の看板に携わる過程を1ヶ月にわたって取材されました。

先代も以前テレビ取材を受けた事があります。その時の様子です。

布袋彫り

金箔貼り

布袋彫り(かまぼこ彫り)というのは文字を丸く彫り下げる彫り方です。

平らな板を彫り下げるのですがまるで浮き上がっているように仕上がります。

普段は看板に金箔を使っていますが、今回は焼き物に金箔を貼る作業を動画にしました。鴟尾といってお寺の屋根の上に乗る大きな鬼瓦のような物です。

扁額を手彫りで彫刻しています。彫刻刀一つで細かな文字を彫っていく様子を動画におさめました。職人の手仕事を是非ご覧下さい。

以下の制作も承っております。

茶室扁額
既存看板の補修

株式会社 栗田看板舗/〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2-1-20 TEL: 052(931)7886 FAX: 052(931)3902

●屋外広告業登録 ●愛知県 (登-18) 第438号 ●名古屋市 (登-18-0) 第255号 ●三重県 第(06) 00415号 ●岐阜県 第664号

茶室扁額
既存看板の補修

株式会社 栗田看板舗/〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉2-1-20

TEL: 052(931)7886 FAX: 052(931)3902

●屋外広告業登録 ●愛知県 (登-18) 第438号 ●名古屋市 (登-18-0)第255号

●三重県 第(06) 00415号 ●岐阜県 第664号