茶園 茶店 お茶屋 日本茶 看板

桂材を切り抜き文字面を文字にあわせて丸くします。この丸めかたが職人の技が出るところで、単純に機械で角をRに取るだけでは文字をつまらない物にしてしまいます。金箔の輝きを生かすのもこの丸め方の善し悪しです。そうした微妙なカーブを描いた文字に金箔を貼っていきます。銅製の網に取り付けると文字がより強調されます。屋根、周囲の額も銅板で加工してあります。銅は時間と共に変化を見せ、耐久性の高い金属なので和風看板には良く用いられます。

名古屋市中村区 芳茗園様

和風看板の栗田看板舗http://www.kanbanho.com/