和風看板 金箔 酒樽 賭け店

酒造 造り酒屋 日本酒 看板金樽
昔はどこの酒屋さんの入口にも掲げてありました。木製で形を作り金箔を貼ったもので屋外でも使用します。今でも老舗の酒屋さんは大切に伝統を守っておられます。次の時代に残しておきたい日本の文化と言ったら言いすぎでしょうか?そんな気持ちを込めて製作後も定期的に手を入れさせて頂いています。
三重県伊勢市 白鷹三宅商店様

看板 修理 修復 再生
修理前の写真

kinpaku_006.jpeg銅版」
銅板の張り方はいろいろあり、これは矢羽根網代。銅の色が写真のような黒っぽくなるにはかなりの時間がかかります。このように地の銅が黒くなると金箔加工された文字がより引き立ちます。輝きのある金と鈍く落ち着いた銅の組み合わせは時間が経てば経つ程、重み、風格が出てくる和風看板の代表例でしょう。こちらも伊勢神宮門前の代々続く老舗酒店様に上がっている看板です。伊勢神宮にお供えされる伊勢神宮御料酒を扱っておられます。

和風看板の栗田看板舗http://www.kanbanho.com/